一覧

11月の柿

畑の5本の柿の木は、たまたま熟す時期が違たので9月からずっと食卓を賑わしてくれています。さすがに、生っている実は少なくなりましたが、11月中旬位までは楽しめそうです。


干し柿作り

朝の散歩ルートに干し柿用の柿(渋柿)を1袋100円で売っている畑があります。畑には数本の柿の木があるだけなので、タイミングが合わないと売り切れてしまうのですが、今年は運よく買えたので早速干し柿を作りました。


柿の収穫

畑の柿の木は10年の間に少しづつ増えて、5本もあります。そのうちの1本(退職記念に頂いた木)は今年初めて大きな実を10個位付けましたが、熟すのが早く写真を撮る間もなく、もう全部食べてしまいました。とても甘くて美味しかったです。こちらの木は2番目に熟してくる木です。


6月の柿

5月に花が咲き受粉した柿は1ヶ月ほどで、2~3センチ四方位の大きさになりました。1本の枝に1個の実になるように摘果しました。


5月の柿

柿の花は分かりにくいのですが、花芽の先の白い部分が花のようで、茶色になっているのはもう受粉が終わっていると思います。柿は手が掛からなくてほんとにいい果物です。


果樹の剪定

12月下旬、今年も残すところ僅かになりました。ダイコンやほうれん草などの冬野菜はキュウリなどの夏野菜に比べると成長が遅く、夏の間は毎日のようにしていた収穫作業も、今は週に1、2回で十分です。その他、冬に行う大事な作業として果樹の剪定があります。今日は風もなく日中は気温が17度になるとの予報でしたので、剪定作業に出掛けました。本日はイチジクの木を2本、ブドウの木を2本、柿の木を2本剪定しました。
木によって剪定の方法が違うので、図書館で果樹の剪定の本を借りて参考にしました。

DSC_0673


写真がピンボケでしたね

DSC_0674


干し柿作り

10月に入っても夏のような暑さが続きましたが、ようやく涼しくなってきましたので、渋柿を購入し、干し柿を作りました。昨年は棚の下の物干し竿に吊るしましたが、今年は物置の上に干し柿を吊るす場所を作って、鳥よけのネットも張りましたのでいい景色になりました。
2~3週間で甘い干し柿になると思います。

DSC_0651


柿の実

10月も中旬となり秋の果実の収穫時期です。ぶどうはもうほとんど収穫していまい、残すところあと数房です。イチジクは2日から3日おきに2,3個採れ、ブルーベリーは収穫終了、キウイは11月に収穫する予定です。今年は柿の実が良く付いていて、畑に出掛けるたびにこんなに採れます。

DSC_0649


DSC_0648


柿、ビワ、イチジクの2年目

退職記念に頂いた柿、ビワ、イチジクも2年目の夏を迎えました。
柿の木は幾つかの実を付けていましたが、自然に落下し、今は2個の実を付けています。

DSC_0611


ビワは冬に実を付けます。今年の冬に実は付くでしょうか??

DSC_0608


イチジクの木は天井?に張った鳥よけのネットまで届いていますので2メートルを超えました。成長が早いですね。実も付いていますので、順調にいけば秋には採れそうです。

DSC_0606


6月上旬の果物たち

6月に入り果物の木は受粉が終わり、小さな実になってきています。
これは柿、1センチ位でしょうか

DSC_0556


みかんはまだ5ミリ位ですね。沢山付いているので摘果しなければいけませんね。

DSC_0557


ぶどうはグングンと大きくなってきて成長を見るのが楽しみです

DSC_0551


スモモは開花が早いので大きくなるのも早いですね

DSC_0559


キウイは可愛いですね

DSC_0558