スナップエンドウの植え付けと畑の野菜

我が家の畑仕事は2月に始まるスナップエンドウの植え付けかジャガイモの植え付けがから始まります。春には夏野菜を植えたり、果樹や野菜の手入れが本格的になってきます。いよいよ始まるなって感じです。

こちらは昨年の秋に植えた玉ねぎです。残暑の関係で種まきが遅れ、苗が小さかったので育ちが悪いですね。

こちらはほうれん草です。2月末にはここにジャガイモを植えるので、あと2週間位で収穫しなければいけません。

まだこんなに小さいキャベツとレタス。種まきのタイミングが遅すぎですね。


柿の木とブルーベリーの植え付け

2月中旬ですが暖かい日が多くなって来ましたので、柿の木とブルーベリーの木を植える事にしました。昨年大きくなり過ぎたスモモの木を抜き取ったため、その跡に柿の木を植えました。今回は富有柿です。

こちらは収穫も楽しく食べても美味しいブルーベリーです。小さなブルーベリーの木が枯れてしまったので、植替えです。品種はラビットアイの仲間です。


ライチの花芽

1月末にライチの花芽を見つけました。冬の間は寒いので玄関に入れていますが、暖かいのか花芽が伸びてきています。ちなみに昨年は室内に入れていたので2月末に花が咲きましたが、時期が早すぎたのか実は成長しませんでした。今年は少し遅くなったので実が成長することを期待しています。



ダイコンの保存

寒気が続々と日本列島に到来し、静岡も本格的な寒さになって来ました。ダイコンはそのまま植えておくと地上に出ている所から凍ってしまいます。それなりの大きさに育ったダイコンは切り干し大根にしたりしますが、今年は数が多いので畑に穴を掘り、土の中で保存する事にしました。


八朔の収穫

12月も上旬になり、本格的な冬になって来ました。畑では霜も降りるようになってきましたので、八朔を収穫することにしました。今年は2箱ほど採れましたので昨年より多いですね。暫く寝かしてから食べると美味しくなるそうです。


冬野菜と冬支度

早いものでもう12月、今は冬野菜の定番の大根やほうれん草、春菊、カリフラワーなどが採れています。

それと、この時期に毎年行うのが、柑橘類の防寒対策と果樹の剪定です。写真は植えてから2年目のみかんの木です。まだ小さいので厳重ですね。
剪定は柿の木、ブドウ、イチジク、キウイ、桃、サクランボ、ブルーベリーなど果樹の種類が豊富なので、それぞれの木に合った剪定が出来るように心がけています。


11月の八朔、柿、ビワ

八朔が大きくなり色づき始めました。昨年は沢山採れましたが、今年もそこそこ採れそうです。

柿はそれほど手を掛けなくても実がなるので、家庭菜園にはピッタリですね。せっせと食べ、残っているのは小さな木に付いている実だけになりました。

ビワの花が少しづつ咲いてきました。ビワは花芽を減らして実を大きくするそうです。ネットを参考に剪定してみましたが、心配でそれほど減らせませんでした。


冬野菜の生育

11月中旬の野菜達です。今年は畑に種まきした春菊とほうれん草が順調に成長して、大きいものは10センチ位になっています。そろそろ間引きしながら食べてもいいと思います。

こちらは生姜と里芋です。もう少し寒くなったら収穫ですね。

プランターに種まきした玉ねぎの苗を畑に植えました。暑い日が続いて種まきが遅くなり、苗がまだ細くて頼りない感じですが、寒くなる前に畑に植えました。

ブロッコリーとカリフラワーは花蕾が出来てきました。年内には収穫できる位に育っていると思います。右にあるのは赤カブです。種まきが遅かったのでまだ小さいですね。

こちらは秋に植えたニンニクです。ほぼ順調に芽が出ています。

白いダイコンも赤いダイコンも順調です。

大きくなった大根は収穫して酢の物やみそ汁に入れて食べています。食べ頃になった柿も収穫。

キャベツとレタスの苗です。まだこんな大きさなので、冬を越せるのか心配です。


10月中旬の果樹

ぶどう、ブルーベリー、イチジクなどの夏から秋の果物も終わり、これかは晩秋から冬の果物になってきますね。今沢山とれるのは何といっても柿です。

昨年ミカンの摘果をあまりしなかったので、今年はミカンはあまりできませんでした。こちらは昨年?購入した早生のミカンです。

こちらは1個だけ実が付いたミカン。

八朔は昨年並みに実が付いています。

キウイも昨年並みです。

ビワは沢山の花芽が付いていますね。